動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の違いと働き


乳酸菌は、糖類を発酵して乳酸菌を生成し腐敗物質を作らないものの総称ですが、 牛や山羊の乳に含まれる乳糖だけを分解する動物性乳酸菌と植物 に含まれるブドウ糖、果糖、麦芽糖を栄養源とする植物性乳酸菌とに分けられます。

動物性乳酸菌は、環境バランスの比較的良いところで生育し概ね 単独で生育しています。動物性乳酸菌を含む食品は、ヨーグルト、ケフィア及びチーズ等です。 一方、植物性乳酸菌は幅広い栄養源を基にし、食塩や胃酸にも 強く、他の細菌とも共存し過酷な環境下でも生育が出来るものが 多くいます。そのため、大腸まで生きたまま届きます。

スポンサードサーチ




さらに、漬物など野菜が中心となるため食物繊維を多く含む食品を摂取することにもなります。植物性乳酸菌を多く含む食品は、しば漬け、糠味噌漬け、タクアン、ザーサイ及びキムチ等です。その他に植物性乳酸菌を発酵させた食品は、味噌、醤油などの日本独自の発酵食品の他、日本酒があります。こうしてみると、日本の伝統食品は乳酸菌を含む食品が多いですね。

なお、味噌の中にも含まれる乳酸菌は沸騰させると死んでしまいますので味噌汁とし て摂っても体内に取り込むことはできません。

なお、最近の乳酸菌株の開発によって、乳酸菌を生きたまま腸に到達させることが可能になりましたが、一般には胃酸でほとんど死滅します。しかし、最近の研究では、加熱死菌体も疾病予防効果などが有することが分かってきました。一方、生きて腸に届いても、ほとんどの乳酸菌は腸内に定着し増殖することは少ないことも分かってきていますので基本としては、乳酸菌を育てる食品を摂取する必要があります。

スポンサードサーチ