コンニャク~不溶性食物繊維が豊富


konnyaku-1こんにゃくは、100g当たり5~7kcalと非常に低カロリーの食品 です。 そのためダイエット食品として有名です。
こんにゃくに含まれるグルコマンナンは、水溶性の食物繊維ですが、こんにゃくを作る過程の添加物で不溶性食物繊維になります。 不溶性食物繊維は、体内で消化吸収されません。

さらに、水分を吸収して大きく膨れます。 このため、便のかさを増し腸壁を刺激することによつて、大腸の ぜん動運動を活発にして排便を促します。 水分を含み便自体も柔らかくなりますので排便時の痛みも軽減され ます。

スポンサードサーチ




食べ方

通常の食事と一緒に200gを目安として摂るとよいです。 こんにゃくは、種類も 豊富で刺身として食べられるものもあり まし、鍋やみそ田楽としても美味しく頂 けます。

注意

こんにゃくを食べるときは、水分を多めに摂れば効果的です。 なお、空腹時にこんにゃくだけを食べたり、水分の摂取を控えると 逆効果になること もありますので注意してください。

また、食べ過ぎるのも腸に余分な負担が掛かりますので避けてください。 こんにゃくは、 よく噛んで小さくしてから飲み込んでください。こんにゃくは、不溶性食物繊維が多いため痙攣性便秘の方は、腸 を刺激して反って
便秘が悪化することがありますので、自分の 便秘の種類に合わせて摂るようにしてください。

スポンサードサーチ




日本以外でこんにゃくを食用としている国は、中国、韓国、ミャンマーがありますが、最近日本の最大生産地である群馬県(国内生産量の約90%)の輸出推進策が功を奏して、欧米でもダイエット食品として人気が出てきたようです。最初は、こんにゃくの食感に不快感を抱いて吐き出す人が多かったようですが、群馬県の生産者農家の努力と世界の健康志向の高まりの影響なんですね。