きな粉~水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が豊富


kinako-2きな粉には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が豊富に含まれて います。 水溶性食物繊維は、水分を含み便が硬くなるのを防ぎ老廃 物を排出する働きがある 他、ビフィズス菌のえさになります。

一方不溶性食物繊維は、水分を吸収し便の量を増し腸壁を刺激して 腸のぜん動運動 を促進し排便を促す働きがあります。さらに、きな粉には善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる働きの あるオリゴ糖を 含んでいますので、便秘解消にはぴったりの食品と 言えます。



スポンサードサーチ




食べ方

きな粉餅やバナナにきな粉をかけて食べても多くは摂取出来ません ので、牛乳に 混ぜてきな粉牛乳にしたり、ヨーグルトと混ぜてきな粉ヨーグルトとして食べる と多く摂ることが出来ます。一回で10~20g程度を摂るようにするといいでしょう。

その他、NHKでも紹介されました「きな粉だし」、「きな粉だしドレッシング」 や「きな粉ふりかけ」も美味しいかもしれませんね。

注意

サプリメントとして大豆イソフラボンを摂取されている方は、大豆イソフラボンアグリコン換算で一日摂取目安量の上限 (70~75mg)を超える可能性がありますので、きな粉の多い食品の摂取は控えられた方がよろしいです。

食品安全委員会は、上述の量は毎日欠かさずに長期間摂取する場合の平均値であること、また上限を超えることにより直ちに健康被害に結び付くものではない、としています。

さらに、健康被害についても動物実験等からの推測にすぎませんが、一方で、大豆イソフラボンアグリコンとして30mg/日の範囲内に収まるようにコントロールするのが望ましい、としています。

この値は、きな粉に含まれる大豆イソフラボンアグリコンの平均値から計算すると11gになります。きな粉は、他の大豆商品に比べて著しく大豆イソフラボンが多く含ま

スポンサードサーチ





れています。