大腸内視鏡検査の方法


大腸の内視鏡検査は病院によって手順とか下剤の種類が違うよう ですが、概ね次の通りになります。 ここでは、内視鏡検査の方法を簡単に説明することで不安を払拭 して安心して検査を受けて頂くことを目的にしていますので、 詳細は専門医にお尋ねください。

検査の準備

1.検査の前日は消化の良い物を選んで食べます。 夕食は、午後8時頃迄に終え、以後食べ物を口にしてはいけません。 水分の補給は大丈夫ですが、ジュース・牛乳は飲んではいけま せん。 夕食後に下剤を服用します。

2.検査当日は、検査の5時間前からニフレック言う下剤を飲みます。 ニフレックは、自宅で飲む場合と病院で飲む場合、または自分で選べる病院があります。
ニフレックは、水2Lに溶かし一時間に1Lの割合で1回当たり 200mlづつ飲みます。 ポカリの腐ったような味がします。 最初はそんなに抵抗はありませんが、検査する度に思い出す 独特の味でレモン汁を垂らしたりして辛抱して飲みます。 (病院によっては、ニフレック以外の下剤を使用するところもある あるようです。)

スポンサードサーチ




3.ニフレックを飲み始めて1時間すると下痢がはじまります。 1回目はそうでもありませんが、2回目からは水鉄砲のような 勢いでトイレで跳ね返りがある位勢いがあります。
頻繁にトイレに行きますので、なるべく軟らかいトイレット ペーパーであまり多く使わない方がいいようです。 便の色が淡い黄色か無色で固まった便が出なくなったらニフレックを飲むのを止めます。

検査

1,検査時間の30分前までに病院に行き、後ろに穴のあいた紙製の デカパンに着替えます。 検査室に入ると、鎮痛剤と鎮静剤の注射を行い、左を下にして足を曲げた状態で横になります。医師が来ると、肛門に内視鏡 がスムーズに入るようにゼリー状の物を塗り、内視鏡を挿入します。冬など内視鏡が冷たい時はヒャッとしたり、異物感があります。

2.上手な医師の場合は、苦痛なくあれよあれよという間に盲腸まで 行きます。そこからゆっくりポリープを探しながら後すざりして いきます。ポリープが見つかったら摘出しますが、複数個見つかった場合は大きさによって一回で全て取ったり、二回に分けて取ったりしますが、病院によっても違うようです。

スポンサードサーチ




術後

1.検査が終わりますと、鎮静剤の影響か軽い眠気がきますので、 ウトウトしていると1時間程度過ぎます。 その後、看護婦が来て起こしてくれますが、フラフラしなければ帰れます。

2.お腹がすいているので帰りに消化に良いうどんを食べると良いでしょう。 夕食は、おかゆ等の消化に良く胃腸に負担を掛けないものを食べ ます。

3.ポリープを摘出した後2週間は、重たい物を持ったり運動は避けけなければなりません。以外と完治するには時間が掛かり、 2週間ほどして血便が出たので内視鏡を入れて検査してもらいましたが、ポリープを取ったところはふやけた状態で完全には治っていませんでした。また、1~2年経って検査すると以前ポリープを取ったところは傷跡みたいになっており、すぐに分かります。

病院によって内視鏡の患者用のモニターがあるところと、無いところがありますがモニターを見て医者と話しながらの方が時間が早く立ちますし安心します。