便秘薬は副作用に注意!


便秘薬は副作用に注意!食事で便秘安心解消

便秘薬の中で、便を軟らかくするタイプの塩類下剤は、習慣性が低 く比較的長期に渡って使用しても副作用は少ないと言われています。 また、誇張性下剤も副作用は少ないと言われています。

しかし、一部の便秘薬には、腸内の粘膜に炎症を起こしたり、習慣性があるため次第に効果が薄れる等の副作用があります。 一時的に便秘薬を使わないといけない状況があったとしても、素人 判断で市販薬を使うのではなく、専門医の診断を受けることをお勧 めします。

さて、便秘を根本から治すためには、食事によって腸内環境を整え、 運動によって腸のぜん動運動を活発にして排便がスムーズに行われ る状況を作り出すことが必要です。そして、改善された腸内環境を維持し続けることが大事です。

スポンサードサーチ




ここで紹介しています食べ物は、腸内環境を改善するために重要な 食べ物です。短期間に効果が出るものもあれば、効果が出るまでに 時間が多少かかるものもあります。 また、便秘の種類によっては全く効果が出ないものもあります。

例えば、乳糖は、小腸でラクターゼによって分解・吸収されずに 大腸に到達すると浸透圧を上げ腸管から水分が分泌され下痢を発生 させます。 また、乳糖を好む乳酸菌が増え乳酸や二酸化炭素が発生して排便を 促しますが、これは、成人の乳糖不耐性を逆手に取ったものです。
しかし、一部の成人にはこの乳糖不耐性がありませんので、乳糖を 分解して小腸が吸収するため排便は促進されません。

また、腸内環境改善には、乳酸菌やビフィズス菌を摂取するよりも 腸内に既にいる善玉菌を増やすことが重要だとする考えもあります。費用のほとんど掛からない方法もいろいろ紹介していますので、 自分に合った食べ物で改善し、悩みを一つ無くしましょう。

スポンサードサーチ