病院での1コマ~便秘の人が救急車で・・・


以前、夜半に救急病院に駆け込んだ時のことです。 私が、脇腹痛と背部痛のため処置をしてもらっている時に救急車で 一人の男性が運ばれてきました。

到着してすぐに、ベッドに横たわったまま問診を受け始めました。 1週間以上ウンコが出ていなかったそうです。 問診の後に、レントゲン室に運ばれて行きましたが、前後して到着した会社の同僚の方2名の話によれば、会社の宴会の途中で倒れて 運ばれてきたようです。

スポンサードサーチ




さらに、二人の話によれば、今回運ばれて来た方は、牛乳・ヨーグ ルト・チーズ等一切食べないということで社内でも有名らしいです。 しばらくして、レントゲン室から帰ってきた男性に鼻から管が入れられ看護師が、「もうすぐ麻酔科の先生が来られて説明されますので 安心してくださいネ」と言っていました。
「エッ、便秘で麻酔!何が始まるんだ!」と私ビックリ。 始まった麻酔科の医師の説明は、「手術(?)の前に全身麻酔を致しま す。肺の中に入った管から麻酔をしますが、痛みは全然ありません云々」と説明していましたが、これは『手術』なのか『施術』の 聞き間違いだったのか?、未だ不明です。

「便が硬くなって、病院に行って取ってもらい、死ぬほど恥ずかし い思いをした。」という話は、今までにも何回か聞いたことがありま すが、手術と言うのは・・・
私の聞き間違いなのか、あるいは宴会で倒れたということなので、 レントゲンの検査結果で腸閉塞か何か別の病気がわかったのか? 便秘の私としては非常に気になりましたが、便秘で手術とかは、したくありません。

スポンサードサーチ